HOME >>  スマホアプリ > 世界で流行っているアプリケーション|Vine(バイン)

2014年06月10日

世界で流行っているアプリケーション|Vine(バイン)

こんにちわ、イットアップのカミダです!

最近、6秒動画を作ることができる「Vine(バイン)」というアプリが世界中で流行っているそうです。

このアプリは、Twitterが開発したアプリで最大6秒の動画を撮ることができるアプリケーションです。

アプリを起動すると世界中の人々が投稿している面白い動画やスゴイ動画などがたくさんありますよ(^^)

 


【左】けみお君・【右】 Reika

 

上の二人はVineを使って有名人になった人です。

ツイッターでのフォロー数も多く、素人ながらにすごい動画内容ですね(笑

 

Vine(バイン)の使い方はいたって簡単で、

画面をタッチしている間だけ録画されます。タッチしている指を離すと停止といった感じです!

6秒間の間にタッチする回数は何回でもOKです!

ちなみに、実験として6秒間の間に何回タッチできるか試したところ約68回タッチすることできました!

だいたい1秒間に約11コマの動画が撮れる感じですね!

Vineでは、タッチしたコマをいくつかのシーンとしてつなぎ合わせて、ひとつの動画を作りあげます!

 

6秒と言うとものすごく短いけど、動画広告ではいかに短い時間でユーザーに意図を伝えることができるかが勝負といわれています。

最近ではこの「Vine」を使って自社の6秒CMを作る企業も増えているそうです。

 

こういったツールは一度ヒットするとものすごいスピードで情報が拡散される特徴があります!

軽い気持ちで自社の6秒CMを作ってみても面白いかもしれませんね(^^)

 

以上、カミダでした!

 


ページのトップへ